あるスポーツの選手がインタビューで、現役時代は競技が好きになれなかったけど、現役を退いたら楽しめるようになったと語っていた。

 

登山は山頂を求めてるもの。

もし山頂にたどり着けなかったときは、その登山は意味がないものなのだろうか。

前述のアスリートは現役時代は、そんな感じだったのかもしれない。

勝てなきゃ意味がない。

それもアリだ。

 

でも、引退後の彼女のように、登山そのものを楽しむ人もいるだろう。

山頂にたどり着けなくても、その過程を楽しめたら、登山に意味はたくさんある。

 

人生もそうだという話を聞いた。

頂点以外は意味がないという考えもいいけど、自分は違うと思う。

登ること自体を楽しみながら登山をするような人生を送りたい。

だって、人生は試合時間よりも長いし。

むしろ人生に引退はなくて、はじめから引退しているみたいなものとも思う。

 

高い目標を持つのは大事だと思うけど、未来の達成よりも現在の瞬間に集中したい。

山頂にたどり着くのは登山の一歩、一歩の瞬間の連なりの先。

むしろ山頂を見すぎると、とても疲れてしまうし、下手すりゃ無力感で倒れるかも(笑)。

 

山頂をなるべく見ないで、チラ見するくらいで歩きたいタイプなんですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です