以前から、割と仕事はする方だったように思う。

会社員の時は残業や休日出勤もよくやっていたが、自発的というよりも、何かに急き立てられるようにしていた。

両親が働き者だった影響で働くことが良いことと無条件に思い込んでいたのかもしれないし、いまいち成果を出せない劣等感からくるコンプレックスからだったのかもしれない。

高すぎる目標にまるで届かない、絶望感で溢れたつらい日々だった。

だから、仕事は楽しいよりも、焦りや苦しみが多かった。

 

最近は、仕事が楽しいと感じていることが多い。

「こうあるべき」という思い込みの理想が減ってきて、楽になってきたからだろうか。

楽しいから、普通にもっと仕事をしたいとも思う。

 

世の中では、ブラック企業撲滅だとか、QOL向上だとか、ノー残業とか、まるで仕事をしちゃいけないという風潮だ。

仕事が楽しいとかいうと、ワーカーホリックとか言われて、なんか病気みたいに言われてしまう。

確かに、押しつけられて働くのはどうかと思うし、つらいことだろう。

仕事のしすぎで苦しんでいる人が多いのもわかる。

でも、楽しんでいられれば、少しくらいはワーカーホリックになってもいいんじゃないかな、とも思う。

スタイルは自分次第なんすよね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です