最近、時間を見つけては瞑想の本を何冊か読んで、実践してみている。

やってみると、これがまた、すごいおもしろい。

読んだ本によると、15分ぐらいがいいと書いてあったので、心を落ち着けてやってみている。

お前は瞑想というより迷走だと、ありがたいことを言われる日々だけど。

 

その本によると考えることと、自分は別の存在だという。

我思う、ゆえに我あり』のデカルト先生を真っ向否定というか、むしろ西洋の合理主義と東洋思想の違いと言いましょうか。

考えるのは『マインド』で、マインドは手のようなものだと書いてある。

モノをとるときに手を使うように、なにかを考えるときにマインドを使うということらしい。

そのマインドの「手を休めた」ときの、何も考えない状態がいわゆる『無我』や、それに類する状態。

うーーん、深い。

正直、よくわからないが、おもしろいから、もう少しやってみます。

なんだか、ワクワクしている。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です