メニュー

自分をさておけ!

人に何かアドバイスをするとき、自分のことは『さておく』ことにしいる。

アドバイスした相手に、「そんなこと言って、お前はできるんか?」と問われれば、「そんなの知らんがな!」と胸を張って答える。

 

アドバイスはした人が実行できているかどうかが大事じゃなく、相手がより良くなるためにはどうしたらいいかを伝えることだから。

そう考えないと、ウサイン・ボルトには誰もコーチができなくなる。

 

逆に、アドバイスや意見を聞くときは、言ってくれた人ができているかどうかという尺度は一旦忘れ、純粋に意見の中身を吟味すべきじゃなかろうか。相手のことを『さておく』のだ。

 

もっと言えば、自分のことを考えるときも、自分を『さておく』ことは必要かもしれない。

「もっとこうしたい、ああしたい、でも……」の後に続くのはいつも省みた自分だったりする。

そんなとき、自分も『さておけ』ちゃえば、「でも……」のループへ入り込まなくてすむ。

 

自分を忘れるわけでもなく、省みるわけでもなく、驕るわけでもなく、『さておく』。

これぐらいのスタンスが楽でいい気がする。

 

 

Share:

More Posts

Send Us A Message