昔、おじさんはおじさんらしく、ヤングはヤングらしく、生態海域って違っていた気がします。

例えば、ユニクロやGAPみたいな店におじさんはいなかったような。逆に赤羽なんかの汚い立ち飲みには若い人や女性はいなかったような。

なんでしょう、ボーダーレス化の波が一層進んでいるのかな。

そ、新宿のサイゼリアも、まさにボーダレス。

おじさんから若者、リア充から社会不適合系まで幅広いお客さんがいました。昔だったらオジサンは「ガキの行くところ」とかなんとかいって行かなかったかも。それどころか、今だったら自分の両親と会ってもおかしくないくらい年齢層が幅広い。

おじさんの一員の自分としては、細かいことにこだわらなくてもいいのが気楽でいい気がします。

ただ、やっぱりパルコで服を買うとかは無理かな(笑)。なんかいたたまれなくなる。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です