『みだりに誉める者は、みだりにそしる』

最近、twitterで見た言葉。これは確かに当たっている気がする。SNSの「いいね」ボタンもこんな感じかも。とかく人を気にしてしまうのは昔からなのでしょう。もちろん、自分もそんな小心者のひとり。他人の評価に一喜一憂しています(笑)。

意味もなくけなしたり、的外れで本末転倒の批判はしないほうがいいものだけれど、それでも疑問を待ってしまった部分は相手と話をしたほうがいいと思う。

疑問が感情的になりすぎると単なる「けなし」となってしまうではないでしょうか。否定的に評価するのがいけないのではなく、感情的になっていくのがまずいのだと思うのです。

これは評価を受けるときも一緒。何かを行動したら、必ず他者から評価を受けることになります。それら全てを直接的に受けるのではなく、それを精査して、自分に有益な部分だけ抽出したいもの。

感情的なところを外して受け止めないと疲れるし、何より大変不毛な争いとなってしまう。全てを受け流すほど、できた人間でもないのですが、そう心がけています。

「愛の反対は憎しみじゃなくて、無関心」と、有名な言葉を思い出します。褒めも貶しもしない、それは無関心なんじゃないかとも思います。それよりかは、けなされるほうがまだいいのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です