二段階のヨロコビ。

常々、仕事は大きく分けて、二段階のヨロコビがあると思っている。

仕事を受けるヨロコビと仕事を納める喜びだ。

途中でも、細かいヨロコビはたくさんあるが、大きく分けるとこの二つだろう。

 

まず、仕事を受けることが決まると、自分が認められたみたいで嬉しい。

でも、そこでヨロコビすぎちゃいけない。

それはスタートに過ぎないのだ。

安心するのはまだ早い。

仕事は納めて、初めて終わるものだ。

仕事を受けたヨロコビでフワフワと浮ついている暇はない。

フンドシを絞めなおして、前へ進まねばならないのだ。

 

仕事の二度目のヨロコビは、仕事を納める時だ。

もちろん、最後が上手くいかなかったら、このヨロコビは得られない。

とても、とても残念な気持ちになるだけだ。

もしかしたら、受けたヨロコビも吹っ飛んでしまうかもしれない。

だから、納めるヨロコビこそ、ラスボスといえるだろう。

 

最近、一段目の仕事を受けるヨロコビは、以前よりも多く得るようになってきた。

一方で、量が増えた分、納めることに苦労している。

今は量と質を、同時に上げていくことが求められていくのだ。

質量保存の法則に反している気もしているが、知恵と工夫で根性で乗り越たい。

我慢強く、続けていくしかないのだ。

 

仕事で二度も喜べるなんて、とても嬉しいことですし。

ラッキーですよね。

 

頑張ります。

 

 

 

Share:

ランダム投稿