メニュー

錯視。

昼間、電車に座ったとき、向かいの窓に張ってある小さなシールに目がいった。

5センチ四方くらいの大きさだろうか。

明るいグレイの地に、何かの注意書きが書いてある。

 

眺めていると、窓の背景によって色が変わって見えるのがおもしろい。

窓の後に青空が広がると、シールは黒く見える。

逆に、トンネルに入るとシールはとたんに明るく見える。

いわゆる明るさの錯視というものだろう。

己は変わらないのに、周りの変化で変わって見える。

暗闇にいけばグレイも白となるし、純白に入ればわずかな暗さも気になってしまう。

 

ふと、世の中にグレイなことが多いのは、個人を目立たないようにしているからかも。

グレイの許容範囲の広さで成り立ってる世の中なのだろう。

みんな、シロクロをつけたがらないようだ。

 

ところが、なぜか政治には純白を求めてしまう。

自分たちはグレイで心地よく生きているのに。

不思議なものだ。

 

……と、都知事辞職を見て。

 

Share:

More Posts

Send Us A Message