日々の生活や仕事の雑記などなど。今年は更新を増やしていきます。

ISOT(国際文具・紙製品展)。

打ち合わせも兼ねて、ISOT(国際文具・紙製品展)を見学した。

雑貨関連の7つぐらいの展示会と一緒に開催されてて、ビッグサイトの西が全部使われ、見応え十分な展示会だった。

 

会場で一番印象に残ったのは『DESIGNPHIL』という文具メーカー。製品だけじゃなく、パンフや展示会場、説明する人の服装まで含めてとても良かった。

 

紙の製品の良さを再認識。

素直に、こういうデザインをしたいと思う。

 

……でも自分は、本当にこういうデザインをしようと思っているのだろうか。

日々の仕事やアイデアを見ていると、ちょっとそうは思えない。

『いいなぁ』という感想を述べて、自己完結してしまっている気がする。

 

感覚的に「良い」といってしまうのは簡単だが、そう思わせる要素はたくさんある。

例えば、お菓子を見て「美味しそう」という感想が出るには、色、形、匂い、経験、いくつもの要素があるのだろう。

デザインも言葉としては一言の感想にたどり着くが、いくつもの要素がある。

 

そこで、良いと思った『DESIGNPHIL』について、思いつく印象を挙げていってみる。

かわいい/好ましい/ナチュラル/女性的/前向き/たのしい/アイデア/明るい/爽やか/オシャレ/ユニーク/フラット/ミニマル/最小限……

 

なるほど、今の自分に足りないものばかり。

特に洗練されたミニマルな感じは、ついついToo machなことをしてしまう自分は見習いたいものだ。

 

がんばりましょう。

 

 

Share: