日々の生活や仕事の雑記などなど。今年は更新を増やしていきます。

凛とした姿。

今、地元の美術館で流す展示用のムービーの編集している。

テキスタイル作家の作業風景を撮ったもので、作業とインタビューで20分弱のもの。

70代ぐらいだろうか、画面の中で彼女の所作がとても美しい。

袋を結んだり、染色したものを洗ったり、もう何十年と繰り返しているだろう動きには、一種の神々しささえ漂う。

そして、インタビューでの瞳の強さと、言葉のリアリティにはクラクラと眩暈してしまうほどまぶしい。

その道で強くずっと生きている人は、やはり何か違う。

 

凛と張り詰めたラインのような美しさとでも言おうか。

とても厳しいけれど、透明感のある輝き。

思わず、こうなりたいと思ってしまう。

 

オッサンでも輝きたいのです。

 

 

Share:

More Posts

メッセージはこちら