お金を家に忘れて外出して、一日過ごした。

手許にあるのは、小銭入れの数百円とSUICA。

小銭入れのチャリ銭だけじゃちょっと心許ないから、昼食はコンビニで100円ぐらいのパンでも食べてお茶を濁そうと思ったのだけど、溢れ出る冒険心を抑えきれず立ち食いの『小諸そば』へ。

300円の冷やしたぬきそばを食べる。小諸そばは薬味のねぎが入れ放題で、美味い。白い麺も好みだ。そして食後にコンビニでコーヒーを買う。

手許の残りは、百数十円。

 

コンビニで並んでいるときに手のひらの小銭を見ながら、このお金は自分で稼いでるんだと不思議な気持ちになる。当たり前なんだけど。

お金は地面掘ったって出てこないから、何かしらの仕事をしなきゃならない。

仕事も地面掘ったって出てこないから、探さないといけない。

この手のひらの小銭ってどうやって手に入れたんだろう。

とても、長い道のりがあった気がしてしまい、その道程に思いを馳せる。

 

たぶん数百円なんて稼ぐのは簡単なはず。

昔、家の手伝いをしてお小遣いをもらっていたとき、子供でも自由にできた数百円。

今日と同じくらいか。

でも、あの頃と同じ『お金』じゃない気がする。

 

お金をたくさん稼ぐ人はこんなこと思わないのだろうか。

お金があることが当たり前の人もいるのだろう。

でも、自分はお金を見るといつも不思議に思う。

手許にこんなにお金があるなんて!!!

……それが数百円でも。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です