友人から薦められた『疲れない脳をつくる生活習慣』を読んだ。

半日もあれば読めるような読みやすい本だけど、内容は濃いもの。

とても為になった。

 

瞑想を中心に、睡眠、食事、姿勢の重要性を説いた本。

難しい内容ではなく、完結に説明してくれている。

 

先日読んだ『伝え方が9割』も同様だが、読みやすいのに為になる本を書けるのはすごいと思う。

デザインやイラストもわかりやすいことが大事で、わざわざ難解にすることをしなくてもいいと思う。

伝えたいことがあるなら、なるべくわかりやすくするのは当たり前。

一方で、作る側は単純にわかりやすいだけじゃなく、制作物自体になにかしらの魅力を足したいと願ってしまう。

そのせめぎ合いが大変なのだ。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です