「デザインができたらいいなぁ」という気持ちだと、届かない。

「これをデザインする」、「素晴らしいデザインをする」、「大もうけするデザインを考える」。

そんな強い決意がないと届かないんじゃないか。

 漫画家だったら「漫画家になりたい」とか「ジャンプに載れればいい」だと連載できない。

「ジャンプで大ヒットを飛ばす」、「ジャンプは自分が支える」みたいに望まないといけないらしい。

同じように、「この映画に参加したい」じゃなくて「監督をやりたい」。

「当選したい」じゃなくて「総理大臣になりたい」。

 

自分を振り返ると、方向は合ってるんだけど、高さが足りない感じ。

たぶん、失敗した時に心の痛手が少なくてすむように望みを低く持つのだろう。もしくは謙虚さと卑屈さのミックスだろうか。

だからだろうか、仕事でなんとなく近いような遠いようなところにいけるのだが、なにか違う。届かない感がある。

具体的なことは書けないけど、最近もそんな感じなことがあった。

望みは、自分のことは棚に上げても、高いくらいがいいんじゃないか。だから、これからは意識して高望みしていこうと思う。

望むのはタダだしね!

 がんばりましょう。

 

 

 

 

 

具体的には言えませんが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です