優しいから怒るのだろうか。

[vc_row][vc_column][vc_single_image image=”1714″ img_size=”full” alignment=”center” css_animation=”appear”][vc_column_text]吉祥寺を歩いていたら、乳母車を押しながら歩きスマホをしている女性がいた。

商店街だけど、前からゆっくりと車が来たり、そこそこ混んでいる時間帯。

歩きスマホの人って、後ろを歩いてても動きが遅いし予想できないから、近くを歩くだけでストレスを感じてしまう。足早に追い抜こうとしたとき、乳母車に子供が乗っているのが見えた。

乳母車をフラフラと押しているのは危ないと思うのだけど、声を出して注意するほどでもない。仮に怪我をしても本人が悪いからしょうがないと、気に留めず追い抜いていた。ちょっと子供がかわいそうだけど。

しばらくすると後ろから「お母さんなら、危ないから歩きスマホは止めなさい!!」と、年上の女性の恐ろしい怒鳴り声と「はい……」と小さい返事が聞こえてきた。

振り返らずとも、怒られてたのは先ほどのお母さんとわかった。

 

 

自分でも、危ない遊びをしている子供を見かけたら注意をする。けれど、例えば高校生ぐらいの年なら、自分に危害が及ぶようなことがないと注意はしないだろう。勝手に怪我をすればいいとも思う。これは、優しくはない。

でも、身内が危険なことをしていたら年に関係なく怒る。いわゆる親身になるということだ。

怒鳴った女性は、見ず知らずの人に、身内のように親身になれるほど優しい人なのだろう。自己責任と思って何も言わない自分よりも、ストレートに人のためを思って行動できる人は優しい。

怒鳴ったり怒ったりする人は、見た目は鬼のようだけど、実は優しい天使のような人なのかもしれない。

 

ただ、怒鳴られると脊髄反射的に反発する人もいるだろうし、真意が伝わらないことがあるから、注意する方法は少しマイルドにしてもいいかもしれないとは思いました(笑)。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

Share:

More Posts

Send Us A Message