1990年の新日本プロレス東京ドーム大会、試合を控えるアントニオ猪木の控え室での一幕。

猪木が、「負けたら引退ですか?」と無遠慮な質問をしたテレビのアナウンサーに、「出る前に負けること考える馬鹿いるかよ!」と怒りの張り手を一閃。

 動画はこちら

そう、闘いは、常に勝つつもりで立ち向かうべきなのだ。

勝利のイメージも持っているからこそ、前に進む原動力となる。

気持ちで負けたら、何も出来ない。

 

今、まさに自分は立ち向かわなければならない状況なのだが、勝てるイメージが湧かずに苦しんでいる。

3月15日の『確定申告』という強大な敵を前にして、脳内で、勝てるイメージと負けるイメージが交錯している状態。

気ばかり焦っている。

しかし、そんな中でさえ、今年はうるう年で1日長いぜ、ラッキーとか思っちゃってる能天気な体たらく。

 

自分で自分に張り手してがんばります。ええ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です