日曜日、飲んでて色々といらないことを言ってしまう。

言わなくていい事実を言ってしまったり、なんだかそれを嘘と冗談でごまかして、もうメチャクチャ。

まぁ、よくある悪い酔っ払いの見本。

それは、ままあることなので仕方ないとして……、いや、仕方なくなくて、今現在、猛省中なのですが、怖いのは、口から出た言葉には変なパワーが宿るということ。

 

例えば、自分の中に秘めておくべきことも口から出すと、予想以上に強くなり、バランスが崩れる。

元々秘めておくべきと自分で判断しているのだから、言わないほうがいいのは明白。

 

また、取り繕うために嘘をついていしまうと、いつの間にか本当の気持ちにすり替わっていく。

自分でも大混乱。

 

本当にしろ、嘘にしろ、言葉は人や周り、そして巡りまわって自分にとって一番強い影響力を持つのだろう。

何気ない言葉が、与える影響は大きく、いろんなものを変えてしまう。

『言霊』とはよく言ったものだと感心してしまう。

言葉はとても大事だと痛感する次第。

 

……それでも、酔っ払ってベラベラと無責任にしゃべって、少しスッキリした部分もあるかな。

反省してんのか、ホントに。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です