仕事で、オシャレTOWNとして名高い、東京メトロ南北線の白金高輪まで打ち合わせに行ってきた。

地下鉄にイマイチ疎いので南北線をあまり知らなかったんだけど、直通の条件が揃えば日吉から浦和まで一本らしい。神奈川から東京を越えて埼玉まで直通してしまう。

東京の路線図を見ていると、どんどん便利になっていくのがわかる。例えば少し前に開通した湘南新宿ラインは、大船から新宿を経由して大宮まで直通。鎌倉や大宮から都心の仕事場へ通勤できてしまう。地下鉄もこぞって私鉄と提携して乗り入れしている。そりゃ、東京に人もモノも仕事も集まるよな、という感じで交通のインフラがどんどん広がっている。

この傾向は、東京オリンピックに向かってもっと加速していくんだろう。個人的にはこの方向性に疑問があるんだけど、現実的に一極集中はまだまだ続く流れなのでしょう。まだまだ地方発信やノマドなど、働く場所を都心以外にもっていくには依然として高い壁があるように感じてます。

 

それはそうと、南北線の機動力にちょっと感動したので、ついつい帰りは遠回りして立ち飲みの聖地、赤羽まで足を延ばしてしまいました。せっかくオシャレTOWNで打ち合わせしても赤羽ってのが、南北線マジック!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です