ここ何年か、たまに思いついたようにノートで日記を書いている。

それ以外にも、このブログやFacebookに書いたり、twitterにつぶやいたり、スマホで文章を書いたり、メールを打ったり、その時々に感じたことを文字として残しておくことが好きだ。

Facebookやtwitterは人に見てもらうことを意識して書いているのに対して、ノートは割と本音というか、あまり人に見せたくない部分を書いている。

 

ブログやFacebookは本人が読み返しても「あー、あった、あった。」という感じで楽しい。人に言える部分=楽しい部分だけ書いているから、読んでて気分が良いのだ。人に見せないようなドロい部分は、読み直すときには忘れてしまっている。

逆にノートの日記はほとんど見直す気がしない。あまりにドロドロしてて気持ちが悪くなるからだ。たぶん、そのときの感情はノートの方が正解なのだろう。だから、残す価値がある気がしていたのだが、果たしてそうだろうか。

正確な記録よりも、楽しい思い出だったと脳をだます方が幸せの近道なんじゃないかと、最近思うわけです。だから行動録としてFacebookをたまに更新したりしている。自己掲示欲とか承認欲求とか、他にも色々と理由はあるけれど、一番大きいのはフィルターが掛かる日記を書けることかもしれない。フィルターがないと、変に本音のいらないことまで書いてしまう。

「自分に嘘をつくな」なんてよく言うけど、そんなことない。思いやりのある自分への嘘は本当は大事なんじゃないか。

ついでに、そういった嘘は人にもつくことがある。

優しい嘘もあると思う今日この頃です。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です