京都へ行く前後の1/12辺りから週に5、6日は飲んでいて、さらに送別会のあった29日から5日までは毎日ずっと飲んでた。

晩酌はしないので、全部、外食。

基本はビールスタートでそのままのときもあれば、日本酒かウイスキーで〆るときもあり。

焼酎はあまり飲まなくなった。

痛飲したのは、数度か。

 

そんな感じだったので、東京に帰ってきても体調は悪くないのだけど、なんかダルーンとしている。

元来、あまり酒に強くないので、すごい疲れがたまってそうだ。

しばらくは、ちょっと休肝日を続けようと思う。

 

そういえば、なんで一人で酒を飲むのだろうか。

一人でも飲むということは、別に人と一緒にいたいからということじゃない。

飲んでてもそんなに多幸感に包まれるってわけでもないから、依存している感じでもない。

単純に腹減ったから飲みたい、という感覚だ。

夕方あたりから、何を食べて飲むか考え始める。

どこでどうやって飲むかを考えるのが楽しいのかも。

ちょっとした好奇心や冒険心。

それこそが、ゆとりある時間に思えてしまう。

そんな時間を大事にしたい、今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です