先日、打ち合わせに入る前、男性6人、女性1人でエレベータに乗り込んだ。

女性が気を利かせてボタンの前に立ち、みんなが降りるまで『開』のボタンを押してくれていた。

ゾロゾロと出て行く男連中の最後、メンバーの中にいた西欧の若者がそれとなくエレベーターのドアを押さえ、女性を先に出させたのを見てシビれました。

なんという、ジェントル。これぞ、レディー・ファースト。

それがまったくイヤミじゃなく、とにかく普通。

ちょっと微笑んじゃったりして、ああ、いつもこうしてるんだろうな、という感じ。

見ているこちらも心地いい。

 

自分がそれをできるイメージが全く湧かないのだが、漢(おとこ)と生まれたからには一度はトライしてみたいものだ。

そう、人生、一度くらいはジェントルにレディー・ファーストをしてみたい!そんな野望を持った次第。

 

さっそくイメージトレーニングをしているんだけど、自分の姿をイメージしちゃうと苦笑が出てしまうので、自分視点の映像でイメージしています。

ジェントルは遠い。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です