MAC欲しい。

元々MACがパソコンのスタートだったのだけど、使ってるソフトの関係でWINへ移行したのは10年以上前。

以前は高価なワークステーションでしか動かなかった3DCADやCGのソフトがどんどんWINに移植されてた時期だ。

デザイン業界ではMACが当たり前だったけど、このWINDOWSソフト大爆発を見てWINに移ったプロダクト系のデザイナーは多いと思う。

自分もその一人。

 

ところが、先月、久しぶりに仕事でMACを使ったからだろうか、突然MACが欲しくなった。

性能はWINと別に変わらないし、むしろ同価格で比べると低いぐらい。つまり、高い。昔ほど画面の色がきれいとかのアドバンテージも、今やない。それなりのWINなら仕事にも対応できる。それにMACは一社でしか作ってないからマシンの種類も少なくて選べないし、ソフトも圧倒的に少ない。

でも、逆にできることが少ないから良いと思うようになった。

できることが多いと、どうしても選択肢が増えて作業の質が薄まる感じがするのだ。ソフトで広がる可能性もあるが、それによってブレることも多いと思うのが実感としてある。少ない選択肢で集中した方がいいような気がしてしまっている。

五七五で研ぎ澄まされた俳句みたいなものだろうか。

 

と、先月は思ったのだが、結局、イイワケですね(笑)。

例えばスポーツ選手が「ハングリーじゃなきゃ勝てない」と、自分の豊かさに伸びない理由を見つけるのはちょっとおかしい。実際、オリンピックなどでいい成績を残している人には、高価で進んだトレーニングを受けているが多く見える。モチベーションのあるべきところは、そういった環境じゃない。

 

選択肢が多くて迷うのは、自分の問題。色々と条件を付けて、恵まれた環境に不満を言うのは、逆にマシンに頼ってることになるんじゃないか。

 

 

こうやって、一人禅問答で、物欲を乗り越えていくのであった。

……これで、使うはずだったお金が浮いた。うふふ。

Share:

ランダム投稿