メニュー

『赤目四十八瀧心中未遂』を読み始めました。

友人からいきなり『赤目四十八瀧心中未遂』という本が送られてきたので、時間を見つけて読んでます。

……が、なにぶん重い。

まだ60ページぐらいしか読んでないんだけど、主人公の陰鬱さに死にそう。

自分の生息域ではない、違うジャンルの陰鬱さとかネガなものなら楽しめるのですが、同じ場所だと自己投影しちゃってキツイ。

いつも想像しているIFの自分が、この小説の主人公に近い気がしてしまうのです。

だから読むと、パワーが削りとられます。

一方で、こういった純文学的な作品は、読み応えがあって、すごい楽しい。胸に刺さってつらいけど(笑)。

ノンビリと電車ででも読むかな。

Share:

More Posts

Send Us A Message