大阪では元気な子供をよく見る気がします。心なしか、東京よりも子供の叫び声が聞こえるような。

そんな中で印象的だったのが、天川村の山を散歩していたときに会った男の子たち。あ、大阪じゃないか(笑)。こっちが吊り橋を恐々と歩いていたら、後からギャーギャー騒いで走ってきて、橋が揺れる揺れる。ちょっとガチ切れしそうでした。怖くて。

しかも、そいつらは揺れが気に入ったらしく、叫びながら何往復も走ってやんの。

リーダーが「見た目は大人、頭脳は子供」という逆コナン的な、まさしく半ズボンを履いた、なかやまきんに君のような 風体。小学生の時点でマッチョは将来有望です。

その後、ハイキングして山の上で休んでると、違う子が来て「ヤッホー」って叫び始めました。今どきヤッホーっていう子いるんだと感心してると、山の中腹の吊り橋あたりで例のきんにくんグループが「ヤッホー」って叫び返してるくるし。お前らじゃないんじゃ、コラ。

さらにに上の子も意地になって「ヤッホー、ヤッホー」と連呼。なんかもう、ギヤーギャーでよくわかりませんでした。

男の子はアホだなぁと、微笑ましくなった次第。