メニュー

情緒のシナプス

 『シナプス』って言葉を仕事で使うと“できる人”感がかなりアップする。

『シナプス』という言葉は、元々は脳医学用語で、神経のニューロンのを繋ぐための物質らしい。

……なんだそりゃ。わかりません。 

つまり、「繋がる」ってことをそれっぽく言ってるという感じか。

使っている人の話を聞いていると、ただ繋がるだけじゃなくて、なんとなく広がっていったり連鎖していくイメージがあるように見える。

e.g.

「このサービスのシナプスとして有効だと思われます。」

 
いいデザインを見たり、魅力的なアートを見ると、なんかドキドキしてくる。

感情というか、情緒の部分が刺激されて、それが日々の活動力のシナプスとなる気がしている。

直接的には関係なくても、いろんな場面での『いいな』は次の『いいな』に繋がっていくような。

だから普段から『いいな』というものを見ていること、見つけることはけっこう大事なことなんじゃないかと思う。

 

いつも『いいな』で繋がれるように、情緒のシナプスを刺激していたいものです。

 

 

 

Share:

More Posts

Send Us A Message