日々の生活や仕事の雑記などなど。今年は更新を増やしていきます。

体で感じる。

お風呂は、入る前はめんどくさいけど、上がった後は必ずスッキリする。

お風呂を出た後に、後悔する人はいないんじゃないだろうか。

むしろ早く入れば良かったと後悔するくらいだ。

 

瞑想もそう。

大体30分ぐらい瞑想するので、なんとなく時間がもったいなくて始める前はグダグダしてしまう。でも、これも終わったらスッキリして気分が良い。

もっとやりたいと思いこそすれ、やらなきゃよかったなんて思ったことはない。

 

多くのことが、こんな感じだと思う。

運動もそう。

嫌な仕事も、終わっちゃえばスッキリすることも多いし。

食事も、作ったり食べたり、めんどくさいときもあるが、食べ終わると幸せだ。

むしろ、めんどくさいものほど、早く手を付けなかった後悔の方が大きい気がする。

 

何が、めんどくさいという気持ちを作り出して、自分の行動にストップをかけているのだろうか。

ホメオスタシス?

トラウマ?

終わりのイメージが持てない想像力不足?

「やらなきゃいけない」という意識への反射的な抵抗?

 

どれも一理ありそうだが、根本には「お風呂に入らなきゃいけない」、「瞑想しないといけない」、「仕事しないといけない」などの義務のような決めつけの意識が、自分で自分に負荷(プレッシャー)をかけていて、それに対する無意識の反応な気がする。。

 

だから「やらなきゃいけない」と自分に押し付け、考えないで、「やるべーかな」ぐらいに気楽に考え、負荷にしない方が、スッと動けるのかもしれない。

できればトイレに行くぐらいの感じの、押し付けではなく、普通に必然と感じるくらいがいいのだろうか。

つまり、考えすぎないで、肉体的な感覚で強く意識する感じなのかな。

お風呂に入ったり、仕事をするということを肉体的に感じるというと、なんか変な感じもするけど、あながち間違ってない気がしています(笑)。

 

 

 

 

Share:

More Posts

メッセージはこちら