メニュー

『ONCE ダブリンの街角で』を観てきました。

移動の空き時間に、目黒シネマで『ONCE ダブリンの街角で』を観てきました。

こういう突然空いてしまった時間に、いつも良い映画をやっている映画館は助かります。

さて、この映画のことは音楽がテーマということ以外は知らずに観たのですが、すごい良い映画でした。

ダブリンの街角で、掃除機の修理屋を手伝いながらストリートミュージシャンをしている男と、チェコから移民してきた女が出会うところから始まります。うまくいっているとはいえない2人が、音楽を通して心を通わせていくという地味な話。

もう『ダブリン』っていうだけで、うまくいってない感がある気がしますね。いや、これは偏見ですが。

この映画は、音楽を演奏する気持ちよさや、それに耳を傾けるだけの映画じゃなく、音楽を作ることの素晴らしさがとても溢れています。だからから自分は強く引き込まれるのだと思う。

その手作り感が、いかにも低予算映画なこの映画とすごいマッチしていて、一種のドキュメンタリーのような味わいがありました。俳優、撮影、演出などは、あまり洗練されてるとはいえないけど、とても力強い。

たぶんスポーツや絵画、文章、映画、日々の仕事、家族、その他諸々、人の活動の喜びの原点って、この映画の中の音楽作りのようなものの感じがします。

どんな場面かは人によって違うだろうけど、誰かとコミュニケーションとって理解しあいながら一つのことを成していくのが、大げさに言うと一つの喜びなんじゃないでしょうか。

それが2人を通して現れている気がしました。

そして、ラストのカットがまた良い。

カメラの動きに引き込まれました。

ちょっと泣けるような、でも、「やっぱそうだよね。」という絶妙な終わり方。

本当に素晴らしいと思いましたです。

Share:

More Posts

Send Us A Message