メニュー

クリエーターEXPO お礼

[vc_row][vc_column][vc_single_image image=”1736″ img_size=”full” alignment=”center” css_animation=”appear”][vc_column_text]4/3~5までの三日間、クリエーターEXPOに参加しました。

初めての参加でしたが、とても有意義でおもしろかったです。

普段は一人でコツコツとイラストを描いているので、同業者の方と色々と話せて楽しかったです。それに、色々な作品と作家さんを一同に見て、ものすごい刺激になりました。

 

イラストレーターと一口で言っても、本当にたくさんの個性がありますよね。

もちろん技術的な上手下手はあるとは思いますが、本質的な上下ってあまりないなぁと実感。イラストって、いろんな絵があって良いんでしょうね。もちろん、その中には自分の絵があってもいい。

って、これ、まんまSMAPの「世界に一つだけの花」ですね(笑)。

でも、上下はないですが、『華(はな)』というか、人を惹きつける絵は存在します。あれだけのイラストレーターの中でも埋もれない絵といいましょうか、すごい輝いている絵があるんですよね。本当、すごいと思います。みんな世界に一つだけの花ですが、みんなに華(はな)があるわけじゃない。絵の力は平等で横並びではありません。そこは残酷なところです。

これは、イラストでもデザインでも、スポーツでも、どんな仕事でも一緒なんですよね。実力社会の本質かも。それぞれの花が、より華やかになっていくため、工夫して努力していくのが辛くとも、楽しいところなのでしょう。

 

一方で、仕事では華だけが価値観ではないのではないとも思います。ニーズに合うのかどうかが、とても重要。目を惹くような華のある絵でも、クライアントが求めてないジャンルの場合は仕事にならないのです。

逆を言えば、平凡な絵でもニーズにバッチリ合えば、クライアントは選択肢に入れてくれる気がします。

色々なことを考えさせれらた、とても楽しい三日間でした。

お隣様や、ご近所様、ブースに訪れてくださった方、パンフや名刺をいただいてくださった方、誠にありがとうございました。ご連絡先をいただいた方には順次お礼のメールを出させていきますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

Share:

More Posts

Send Us A Message