メニュー

こち亀が終わった。

こち亀が終わった。連載期間は40年、単行本は200巻。1回も休載せずの偉業は、本当に素晴らしい。

自分は、連載開始の頃から読んでいる現役のジャンパーだから、こち亀と一緒に年月を重ねてきたことを誇りに思う。小林よしのりとのコラボが懐かしい。

さて、そのこち亀の最終回が賛否両論らしい。否の意見としては40年連載したのにアッサリしすぎじゃないかということみたいだ。言いたいことはわかるが、そんなに何事にも感動を求めなくてもいいのに、と思う。

無理に「両さんさようなら。今までありがとう!」って涙を流して感動させずに、スっと終わって、来週も載ってるんじゃないかと思わせるような、とても粋で素晴らしい終わり方だった気がする。人情噺がこち亀の妙味だとも思うけど、本質はさっぱりとした江戸前のギャグ漫画なんだし。40年連載して、この終わらせ方なんか、普通はできないと思う。

そういえば、終わりや別れに感動を求めたのは、高校生、大学ぐらいまでだったような気がする。就職、転職、死別……、歳をとるにつれ、どんどんと終わることに慣れていってるのがわかる。もちろん一抹の寂しさはあるけれど、涙の出るような感動や惜別じゃなくて、なんというか、その時はあまり感情が湧かずにボーっと、ただただ時間が流れていくことが多い。

そして少し経って思い返したときに、色々な感情が湧きあがってくる。そのときの気持ちの方が深く、本質的なんじゃないだろうか。

来週の、こち亀が載っていない40年ぶりのジャンプは、そうやって噛みしめたいものです。

Share:

More Posts

Send Us A Message