メニュー

ベーシックインカム

フィンランドでベーシックインカム導入賛成が6割超えたらしい。

ベーシックインカムとは、基本的な生活が出来る最低額を全国民に支給するというシステム。フィンランドだと月々11万円ぐらい。

その代わり、福祉の一部を止めてしまうとか。たしかに、財源は無限じゃないからね。(こんなことを検討するなんて、フィンランドは経済の調子が悪いのだろうかと勘ぐってしまう。)

 

……最低限の収入があったとして、人は働くのだろうか。

たぶん、現在でも働いている人は働くだろうし、健康なのに働こうとしない人は働かないんじゃないか。最低限の生活で満足できる人は少ないと思う。

ただ、経済的な理由があって仕事を変えられない人や、新しいチャンスを求めている人には、有効なんじゃないかとも思う。なんにせよ挑戦できる状況は、社会が活気づく。

 

一方で、その財源はどこから出るのか。フィンランドぐらいの国で年間6兆円だから、日本だとすごい額になるだろう。

日本でも、福祉財源や年金をそちらへ回すと考えるのが普通か。そうなると、色々なものを削っていくことが必要。リスクはなんかしらあるということで、それがベーシックインカムの支給額以上に感じたら止めたほうがいい。

 

ん、ちょっと待って。今、国民年金て6万円ちょいぐらいだっけ。フィンランドのベーシックインカム以下か。もしかして、国民年金て最低の暮らしができない額ってことなのだろうか。なんか、いつも最後は国民年金の額に不満を言っているな。

 

結論言うと、ベーシックインカムになったら働かない派です。たぶん。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share:

More Posts

Send Us A Message